早漏 何分

早漏とは何分以下から?

 

そもそも早漏(そうろう)とは、何分以下のことを指すのでしょうか。

 

 

ウィキペディアによれば

 

ウィキペディアによると、
「早漏とは挿入後30秒間または1〜2分間もたない状態」のことだそうです。

 

30秒?1分?それとも2分?
かなり曖昧な定義で、よくわかりませんが、
平均すると1分ということになります。

 

 

国際性機能学会によれば

 

さらにくわしく調べてみると、
国際性機能学会(ISSM)という機関が
早漏の定義を出していることがわかりました。

 

国際性機能学会によれば、早漏は1分以下だそうです。

 

 

以上の2つから
早漏は1分以下だといえます。


本当に1分で女性は満足できるの?

 

早漏の医学的な定義は、1分以下であることは確かです。

 

しかし、現実には、1分程度で女性を満足させるのはかなり厳しいかと思います。

 

 

私は昔、挿入時間が1分程度だったのですが、
彼女は全く満足してない様子でした。
(もちろん、あからさまな態度では示しませんが、表情を見ればわかります。)

 

経験上、最低3分はもたないと、女性を満足させることはできないと思います。

 

 

もちろん3分というのは、あくまで最低ラインであって、
できれば15分くらいはもった方がいいです。

 

 

  • 東邦大学医学部がおこった調査によれば、女性が希望する時間で最も多かったのが約15分
  • コンドームメーカーのデュレックス社がおこった調査では約20分

というデータがあります。

 

 

女性は「挿入時間が長い方がいい」とは絶対に声に出して言いませんが、
挿入時間が1分の時と15分の時とでは、セックスが終わった後の表情がまるで違います。

 

1分の時は物足りない感じなのですが、
15分の時は恍惚とした幸せそうな表情を浮かべます。

 

口ではごまかせても、本音は顔に出ます。

 

 

1分〜2分程度では、女性を満足させるのは難しいと思った方がいいです。


射精をコントロールできない男性はすべて早漏

 

そもそも早漏とは何分以下からか?
と定義づけること自体が間違っているのかもしれません。

 

SEXセラピストのアダム徳永氏は
射精をコントロールできない男性はすべて早漏である
と断言しています。

 

なぜなら、女性が満足できる挿入時間には個人差があるからです。

 

 

経験が浅いA子は5分で満足するかもしれませんが、
経験豊富なB子は15分くらいないと欲求不満になるかもしれません。

 

絶対的な正解などないのです。

 

仮にあなたが5分もつ男だとして、
A子には合格点をもらったとしても、
B子には短すぎて”早漏扱い”されるかもしれません。

 

つまり、挿入時間が何分か?が重要ではなく、
相手の女性をイカせるまで射精を我慢できるか?が重要だということです。

 


早漏を治すには?

 

時間が長い方がいいことは言うまでもありませんが、
早漏には厳しいですよね・・・。

 

私も昔は1分以下の早漏だったので気持ちはわかります。

 

早漏だった頃は、彼女には浮気され、風俗では馬鹿にされる、など
散々なものでした。

 

 

しかし、ある方法で早漏を治すことに成功しました。
今では15分以上は腰をふっていられます。

 

私の早漏治療法については、以下の記事をご覧ください。
    ↓↓

 

早漏治療※私はこの方法で治しました。